スポーツコメンテーター(元プロ野球選手) 山﨑武司 やまさき たけし

おすすめポイント

プロ野球の世界で栄光と挫折を繰り返しながらも、両リーグ本塁打王に輝いた苦労人。35歳という選手のピークを過ぎてからの活躍の裏側、環境との葛藤、出来事のとらえ方、人との出会い、後輩指導・・・など、その経験は、ビジネスに通ずる点も多く、その内容はすべてのビジネスマンの背中を押すお話です。

主な研修・講演テーマ

  • 3度のクビから現役27年 ~星野監督や野村監督と出会って~
  • 人脈こそが最大の財産~山﨑流コミュニケーション法~
  • 若者よ”欲”に忠実に野心を持て!!
  • 目標達成のためのセルフマネジメント

キーワード

講演料金目安

G
  • A10万円以上~25万円未満
    B25万円以上~55万円未満
    C55万円以上~85万円未満
  • D85万円以上~115万円未満
    E115万円以上~145万円未満
    F145万円以上~
  • G非公開(応相談)
※講演料金はあくまでも目安です。(消費税・交通費別)
※日程などにより変動がありますので、詳細はお問合せください。

プロフィール

1968年11月7日、愛知県知多市出身。野球優等生ではなかった山﨑は、中学時代にも県大会どまりの成績。野球の大会終了後に助っ人で参加した相撲部で愛知県優勝、全国大会へ。卒業時に複数の相撲部屋からスカウトを受けるほどの成績を収めた。高校は野球の名門校である愛知工業大学名電高等学校に入学。甲子園出場こそできなかったものの、通算56本塁打をマークした。
1987年に愛知工業大学名電高等学校からドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。アメリカやドミニカへの留学などを経て、プロ10年目の1996年にようやく1軍レギュラーに定着し、その年に松井秀喜との壮絶な争いを制し本塁打王を獲得。2003年にオリックス・ブルーウェーブに移籍。2005年に50年ぶりにプロ野球界に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスの創設メンバーとして加入、主将を務めるなどチームを支えた。さらに、恩師野村克也と出会った事で大きな変革期を迎え、2007年39歳で本塁打王と打点王の2冠王に輝いた。2012年には10年ぶりに古巣・中日ドラゴンズに復帰。2013年7月に引退を表明、シーズン終了と共に現役を引退。「ジャイアン」の愛称と豪快な性格で多くのファンから愛された。
引退後は野球解説を中心にスポーツコメンテーターとして活動をする傍ら、企業や学生向けの講演講師にも挑戦。スポーツカーやバイク、ミニカー収集など趣味を生かしたメディア出演実績なども多数。
2014年からはGazoo Racing 86/BRZ Raceにクラブマンクラスレーサーとして出場、現役のアスリートとしても挑戦を続けている。
2019年1月に「なごやめし応援大使」、同年7月に「中日ドラゴンズスペシャルサポーター」に就任。

講演テーマ詳細

3度のクビから現役27年~星野監督や野村監督と出会って~

高校卒業と共にプロ野球界の扉をくぐった山﨑武司は27年間の現役生活で3度の戦力外通告を受けています。 中日ドラゴンズ、オリックス・ブルーウェーブ、楽天イーグルスと3球団に所属。
名将星野仙一監督や野村克也監督の下、2度のホームラン王に輝くなどプロ野球の歴史に残る記録も数々樹立。特に、野村克也監督との出会いで野球観が大きく変わり11年ぶりのホームラン王を獲得。「19年間、何も考えず本能のままに野球をしてきた」と語る山﨑武司が、腐りかけていた自分から生まれ変わる事が出来たエピソードは同世代の社会人に向けたエールになる事間違いなし。
挫折や屈辱を乗り越えて来た体験談を余すことなく語ります。

人脈こそが最大の財産~山﨑流コミュニケーション法~

27年間のプロ野球選手生活の中で、多くの出会いがありました。3つの球団に所属して11人の監督と出会いました。もちろん、各チームの選手陣に裏方スタッフ、各地で応援してくれたファンや友人、縁の下の力持ちとして支え続けてくれた家族など、本当に多くの人に支えられてきました。
2013年シーズン終了と共に引退、野球評論家としてセカンドキャリアに突入するとさらに人との繋がりの大切さを実感しました。更に、新たな出会い・ご縁を頂き2014年からはモータースポーツにも挑戦。良い時も悪い時も常に実感してきた「人との繋がり(人脈)」の大切さ。
今だから言える秘話も交えて、山﨑流のコミュニケーション法を語ります。

若者よ"欲"に忠実に野心を持て!!

昨今、メディアなどでよく「現代の若者は欲がない」などと見聞きする事が増えました。しかし、山﨑武司が27年間のプロ野球生活の中で感じた伸びる選手の条件の一つが「欲」に貪欲なこと。
「スター選手になりたい」、「美味しい物が食べたい」、「お金を稼ぎたい」、「モテたい」、「かっこいい車に乗りたい」など人によって様々な欲求がありますが、それを目標に頑張る事で結果として自分自身への成長に繋がります。 もちろん、山﨑武司本人もそのようにして夢を叶えてきた一人です。
現代、安定志向と言われている若者にも、そんなギラギラした野心を持って欲しい!という思いを山﨑武司流の言葉で語ります。

目標達成のためのセルフマネジメント

ベテランの域に達する年齢になってもなお自己変革と成長をし続けてきた経験を踏まえ、全世代に向けたセルフマネジメントの方法を伝えます。華々しい道だけではなく、挫折を味わい自暴自棄になった時期も歩んできた27年のプロ野球人生。
何度も立ち上がり、前を向きチャレンジし続けるスピリットの根底にあるものは何か、山﨑自身の言葉で語ります。

プロ通算成績

プロ27年間 2,249試合出場 1,834安打 403本塁打 1,205打点 打率.257

本塁打王 2回(1996年、2007年) ※セ・パ両リーグでの獲得は史上3人目 打点王 1回(2007年)
ベストナイン 3回(1996年、2007年、2009年)
オールスターゲームMVP 2回(全6回出場)

書籍

Pocket

研修・講演会に関するお悩みや課題など、お気軽にご相談ください。

講師検索

TOP