上方落語家 桂七福 かつらしちふく

おすすめポイント

「多様性への対応」や「ハラスメントへの配慮」はビジネスでも重要なテーマではありますが、「堅い」「重い」「難しい」・・・といったイメージも合わせ持つのも実情・・・ そんなテーマを、「落語形式」で、気楽に、楽しく、伝えてもらえるのが、落語家の桂七福さん。 落語の世界では珍しく『人権』『ダイバーシティ』『LGBT』『いじめ問題』などをテーマに活動し、笑いを交えて多くの気づきをお届けします。 プロの落語家として軽快な語りと、ユーモア満点の表現力は、ビジネスコミュニケーションとしても多くを学べる講演です。

主な研修・講演テーマ

  • 落語で学ぶ「楽しく気づく!皆で考えるダイバーシティマネジメント」
  • 笑いが職場を変える~落語から学ぶ職場を活気づかせる会話術
  • 落語家から学ぶ「互いを認め、関係性が高まるコミュニケーション術」
  • 相手との関係性を深める世間話のスキル

キーワード

講演料金目安

B
  • A10万円以上~25万円未満
    B25万円以上~55万円未満
    C55万円以上~85万円未満
  • D85万円以上~115万円未満
    E115万円以上~145万円未満
    F145万円以上~
  • G非公開(応相談)
※講演料金はあくまでも目安です。(消費税・交通費別)
※日程などにより変動がありますので、詳細はお問合せください。

プロフィール

1965年 徳島県三好郡三加茂町に生まれ。高等専門学校在学中に落語と出会い、落語研究部の部長として活動。
1990年 上方落語の桂福団治に入門。作家・藤本義一氏の命名で「七福」となる。
1993年頃より、桂七福自身が幼少期より体験した事を語りはじめた。
両親の離婚によりスタートした母子家庭での生活において、片親であることへの偏見に加えて、母親の職業に対する嫌がらせなどを体験する中で持つことができた人権意識を広く分かりやすく伝導するために落語を活用。「笑っていても大切なことに気づける・学べる」というポリシーが強い。
近年は「いじめ被害による自殺の防止」を強くうったっている。
人権・教育・福祉・健康・生涯学習・ボランティア・子育て・安全大会などをテーマに、落語のテクニックや「落語家の師匠と弟子の絆」など裏話も交え、朗らかな講演に人気が高まっている。

現在は、徳島発信の異色の落語家として、徳島県を拠点に定期的に落語会を開催しつつ、テレビ・ラジオでレギュラー番組に出演。全国への講師講演活動・落語口演活動を展開中。

講演テーマ詳細

落語家の師弟関係から学ぶ人間関係の極意

ハラスメント対策は相手への気遣い意識から

気づけば変わる職場のコミュニケーション

桂七福のジェンダー落語「気づけば変わる言葉のジェンダー」

落語から学ぶ、柔らか発想力

話し方と表現力のワークショップ(研修)

販売中CD・DVD

CD:「落語3席」「らくごごーごー」「ふるさと落語・吉野川」「落語の得盛」「人権落語口演会ライブ」の5作品。
DVD:「お笑い人権高座」
Pocket

研修・講演会に関するお悩みや課題など、お気軽にご相談ください。

講師検索

TOP