タレント(元プロ野球選手) 川又 米利 かわまた よねとし

おすすめポイント

「美しいバッティングフォーム」の代名詞とも言われ、ドラゴンズでは代打の切り札として活躍された川又さん。その後、一、二軍の打撃コーチやクラブチームのコーチとして、後進の指導にあたる中で、「教える難しさ」、「伝える苦労」を実体験されました。野球を通じた行動力やモチベーションの高め方、チームとのかかわりや役割遂行など、ビジネスマンの参考になる経験談をお聞きできます。

主な研修・講演テーマ

  • プロ野球人生で学んだこと
  • 選手、コーチとして見た「伸びる選手と伸びない選手の差」
  • あの野球選手はなぜ活躍したのか

キーワード

講演料金目安

B
  • A~25万円未満
    B25万円以上~55万円未満
    C55万円以上~85万円未満
  • D85万円以上~115万円未満
    E115万円以上~145万円未満
    F145万円以上~
  • G非公開(応相談)
※講演料金はあくまでも目安です。(消費税・交通費別)
※日程などにより変動がありますので、詳細はお問合せください。

プロフィール

pho_05

早稲田実業学校高等部時代には甲子園大会に通算4回出場。
左の強打者で先輩の王貞治になぞらえ「王二世」と騒がれた。1979年に中日ドラゴンズに入団、体の中心がぶれずに回転する美しいバッティングフォームが定評で代打の切り札として活躍。 特に巨人戦には勝負強さを発揮、代打本塁打16本のセリーグ2位タイ記録を持つ。

1997年に引退後は地元メディアの野球解説者を務め、その後は二軍の打撃コーチ、更に一軍コーチとなり後進の指導を行う。現在は解説者として、又2007年に結成された名古屋市のクラブチーム「NAGOYA23」の監督として活躍中。
現在、タレントとしても各方面で活躍。芸能事務所セントラルジャパン所属。

1979年 ドラフト外で中日ドラゴンズに入団
1992年 7月5日に通算1000試合出場を達成(304人目)
1997年 現役引退(この年、ナゴヤドーム完成)
1998年 東海ラジオ放送、中京テレビ、中日スポーツの野球解説者となる
2001年 プロ野球OBで構成されるマスターズリーグに名古屋 80 D'sers の選手として所属
2002年 中日ドラゴンズ二軍打撃コーチ就任
2003年 中日ドラゴンズ一軍打撃コーチ就任
2004年 中日ドラゴンズ二軍打撃コーチ就任
2005年 東海ラジオ放送解説者(2008年まで)、中京テレビ、中日スポーツ野球解説者となる
2007年 名古屋市でクラブチーム「NAGOYA 23」が結成され、監督に就任
2012年~2013年 中日ドラゴンズ二軍打撃コーチ

その他講演テーマ

プロ野球人生で学んだこと

選手、コーチとして見た「伸びる選手と伸びない選手の差」

あの野球選手はなぜ活躍したのか

スポーツのすばらしさ

私の野球人生

スター選手の影の努力に学ぶ

Pocket

研修・講演会に関するお悩みや課題など、お気軽にご相談ください。

講師検索

TOP